2022年1月~2月の注目ニュースピックアップ:「世界汚職度ランキングでフィンランドは清潔度1位」など!

March 17, 2022

Author: Markus

フィンランドはスタートアップ企業にとっても既存企業にとっても優れたビジネス環境を持つ国として広く知られていますが、そのイメージを裏付けるニュースがまたいくつか報道されています。一つは日本でも注目されている「世界汚職ランキング」のニュースですが、フィンランドはデンマークとニュージーランドと一緒に世界で最も汚職が少ない国として1位を取りました。そのニュースを含めて、今回のブログポストでは1月~2月中に出ているフィンランドニュースのいくつかをピックアップして紹介したいと思います!

 

2021年の「腐敗認識指数」の1位はフィンランド、デンマークとニュージーランド

北欧の国々フィンランドに経験のある方なら、フィンランドの市民も国も極度にルールを守る傾向があることが分かるでしょう。それは、企業の視点から見れば大変予想しやすい、働きやすいビジネス環境につながります。それのまた一つの表しとして、フィンランドは「腐敗認識指数」という世界汚職ランキングでデンマークとニュージーランドと一緒に1位となったことがあると言えますでしょう。

世界汚職ランキングではフィンランドとデンマークとニュージーランドがどれも88ポイントを取っています。評価対象の180か国の三分の二は50ポイント以下となり、平均値は43ポイントでした。翌年の2020年、フィンランドは世界汚職ランキングで3位でしたので、順位を上げることに成功しています。

ちなみに、この2021年の「腐敗認識指数」では、日本は18位米国は27位となりました。

 

フィンランドの首都圏はクリーンテックに最適なエコシステム25か所の一つとして認定

米国のStartup Genomeが発表しているクリーンテック(Cleantech)のエコシステムのベスト25か所にヘルシンキ首都圏が含まれました。特に「スタートアップ企業の経験」のカテゴリーでいいポイントを取れました。ヘルシンキ市のプレスリリースによれば、ヘルシンキ市は2030年までにカーボンニュートラルになることを目指していますので、「クルーン」や「スマート」なビジネスの促進はヘルシンキ市にとって重要なゴールの一つとなっています。エコシステムは市の他、企業や大学などからも出来ています。

 

人工卵白を作るスタートアップ企業「Onego Bio Ltd」が千万ユーロのシードファンディングを確保

ニワトリなしで卵白を作るフィンランドのスタートアップ企業「Onego Bio Ltd」が千万ユーロのシードファンディングを確保したことが2022年2月22日に発表されました

メレンゲ

©Ruth Hartnup

フィンランドでは設立されたばかりのスタートアップ企業に珍しい大規模ファンディングですが、関係者の背景を考慮すればその期待がよく分かりますでしょう。まずは、人工卵白の技術は名高いフィンランド国立技術研究センター(VTT)で開発されています。それに、Onego Bio LtdのCEOは既にオーツから造られる人工の代替肉の商品化で大成功しているMaija Itkonenです

技術は開発済みで、次は米国での食料品の販売許可の取得と大量生産の工場を建てる段階に入ります。

以前も弊社のブログで書いている「Spinnova」など同様、フィンランドのSDG関連のスタートアップ企業が次々と世界市場を目指す動きを代表する企業の一つになりそうですね。

 

「Moi Forest」のフォレスト・ダストを含めたローションを「2022年のケアプロダクト」に

スキンケアのスタートアップ企業「Moi Forest」の「フォレスト・ダスト」を含めた商品ラインが、フィンランドのヘルス商店の協会によって「2022年のケアプロダクト」として認められました

フォレスト・ダストとは「森の埃」の意味で、ヘルシンキ大学とタンペレ大学が共同で森の土から開発した微生物エキスです。そのエキスの中には、人に良い効果をもたらす細菌類やその他の微生物が入っていて、人の免疫系を強化しているそうです。

<<あわせて読みたい>>

循環型テキスタイル:注目すべきフィンランド企業を2社紹介します

フィンランドからのサステイナブルな木質ソリューション: バイオエコノミーの新たな振興

 

 

 

You might also like…

2022年7月~8月の注目ニュースピックアップ: 電力価格の記録的な高値、アメリカを目指すKempowerと100%木から出来た粘着剤

2022年7月~8月の注目ニュースピックアップ: 電力価格の記録的な高値、アメリカを目指すKempowerと100%木から出来た粘着剤

ウクライナ戦争が起こした全ヨーロッパに障るエネルギー危機がフィンランドにも及ぼし、家庭も工業もその打撃を受けています。とはいえ、その中でもフィンランド企業がこれからの5年間でRDI投資を増やす予定があると報告され、イノベーションや今回紹介するようなリグニン(木質素)から出来たエコロジカルな新材料などのサステナブルな新技術がこれからも次々と開発されていくことでしょう。そのニュースも含めて、また7月~8月の注目ニュースピックアップを纏めて紹介したいと思います!   家庭も工業も苦しめる電力価格の記録的な高値...

2022年5月~6月の注目ニュースピックアップ:船舶に設置される「ローターセイル」、環境に優しいコンクリートなどのクリーンテック

2022年5月~6月の注目ニュースピックアップ:船舶に設置される「ローターセイル」、環境に優しいコンクリートなどのクリーンテック

真夏のフィンランドからのご挨拶!フィンランドは夏至祭りが過ぎたばかりで、一年で一番明るい時期になっています。弊社ハジメ・ソリューションズが位置している首都圏内では真夜中はやはり少し暗くなりますが、フィンランド北部のラップランドでは白夜という一日中日が沈まない日々が続いています。最近は気温も暖かく、短い夏を満喫するため多くの人が夏休みを取るシーズンです。...

2022年3月~4月の注目フィンランドニュースピックアップ:「メタバースに投資する新たなファンド」など!

2022年3月~4月の注目フィンランドニュースピックアップ:「メタバースに投資する新たなファンド」など!

メタバース(metaverse)はこの頃かなり流行り言葉になりつつありますが、フィンランドでも最近メタバースに関するニュースが次々報道されています。1月はメタバースのゲームのスタートアップ企業「YAHAHA 」が大規模のファンディングを集めたことがニュースになり、3月24日に始まったメタバースでの初めてのファッションウィークでフィンランドのファッションデザイナーMert...